mokadaの散財ブログ

ラズパイやら色々なものの散財記録です

Raspberry Piでnode.js その2

 

  1. Resbianに入っている古いnode.jsを消す
    標準でnode.js v0.10.29が入っているので、最初にそれを消します。
    $ sudo apt-get autoremove nodejs
  2. 次に、nodebrewをインストール
    curl -L git.io/nodebrew | perl - setup
    pi$ vi ~/.bashrc
    # 環境変数PATHへの設定を追加する
    pi$ tail ~/.bashrc
    ...
    export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
    pi$ source ~/.bashrc

    参考にさせていただきました。
    qiita.com

  3. 最後に、node.jsをインストール
    nodebrew install-binary v6.3.0
    Fetching: https://nodejs.org/dist/v6.3.0/node-v6.3.0-linux-armv7l.tar.gz
    ######################################################################## 100.0%
    Installed successfully

  4. node -vで動作確認
    ここでnodeにパスが通っていないとのエラー
    nodeはどこに入ったんだ? /usr/binにもない
    検索してみると、nodebrewで入れると、$HOME/.nodebrewの下に入るってことがわかる。
    .bashrcを見ても、PATHにきちんと記載されている。

    でも、nodeが見つからない。
    う〜〜ん、、、わからん
    で、これも参考にしたサイトをみると、sourceを実行していないからダメだった

    WindowsのコントロールパネルでPATHを追加すると即座に反映されるので、完全に盲点だった。
    今は、Macをメインにつかっているけど、なんだかんだいってもWindowsの方がずっと知識あるので、そっちに引っ張られていた

    とにかく、source実行したら、node -v めでたく動作した。

今日はここまで